Exnessキャッシュバック加算のお知らせ

Exness(エクスネス)のプロ口座とスタンダード口座の違いを徹底解説|どちらの口座タイプがお得?

エクスネスで豪華キャンペーン開催中!

今回はExnessのプロ口座とスタンダード口座の違いを解説していきます。

結論から言うと、基本的にどんなトレードでもプロ口座がオススメです。
ただし、一定条件下ではスタンダード口座でトレードした方が良い場合もあります。

そんなExnessのスタンダード口座とプロ口座について本記事では詳しく解説していきますので、最後までご覧ください。

現在、通常のIB報酬100%還元に加えて、+17.5%、20%相当分のたまごギフトキャンペーンを開催中ですので、チェックしてみてください。記事の最後にもご案内しています。

\キャッシュバックを受け取る/

公式HP:https://www.exness.com/

目次

スタンダード口座とプロ口座の共通点

Exnessのスタンダード口座とプロ口座の共通の仕様は以下の通りです。

・レバレッジ
・ゼロカット水準
・取引可能銘柄
・最大ポジション数
・ゼロカット対応など

基本的なレバレッジやゼロカット水準についてはスタンダード口座もプロ口座も取引環境は同じです。

それでは本題の違いについて解説していきます。

スタンダード口座とプロ口座の違い

まず初めにExnessのスタンダード口座とプロ口座の比較表をご覧ください。

スクロールできます
Exnessスタンダード口座プロ口座
最低入金額なし$1,000(13万円)
スプレッド(ドル円)0.9pips〜1.1pips0.5pips〜0.7pips
キャッシュバックバック率40%25%
約定方式成行約定即時約定
スリッページありほぼなし
リクオートなしあり

各項目について1つずつ補足していきます。

最低入金額

スタンダード口座

スタンダード口座は最低入金額がありません。

Exnessの入金自体の最低入金額は$10〜です。ただし既にアカウント内にある口座から、追加口座開設をして資金移動する際には$1から可能です。

プロ口座

一方、プロ口座の最低入金額は$1000(13万円〜)と高めに設定されています。

しかし、その分取引コストや安くなっているのでお得となっています。

プロ口座の最低入金額は初めての資金移動時にも適用されるので、追加口座開設して初めて資金移動する場合も1000ドル以上行う必要があります。

ただし、初回の入金(資金移動)のみなので、一度行ってしまえば、次回以降は入金も資金移動もスタンダード口座と同じ条件になります。

スプレッド

スタンダード口座のスプレッドは広めに、プロ口座のスプレッドは狭めに設定されています。

いずれの口座も外付け取引手数料は無料ですので、スプレッドのみが取引にかかるコストとなります。

キャッシュバックバック率

スタンダード口座はキャッシュバック率が40%ですが、プロ口座は25%です。

スタンダードとプロ口座のスプレッドも大体1.6倍に設定されているので、キャッシュバックも同様に「40%(スタンダード)÷16%(プロ)」で1.6倍キャッシュバック率が異なっています。

取引コストを比較する場合は、「スプレッドーキャッシュバックバック金額」の「実質コスト」で見る必要があります。

各口座の実質コストについては後ほど解説していきます。

約定方式

Exnessスタンダード口座は成行約定で、プロ口座は即時約定です。

この約定方式は、以下のスリッページとリクオートに影響します。

スリッページ(滑り)

MT4/MT5/アプリでの注文画面に表示されている価格と、約定した価格が異なる場合があります。

このレートの差を「スリッページ」といいます。

プロ口座ではこのスリッページが基本的に発生しないので、不利なレートで約定されるというリスクを減らせる一方、次に紹介するリクオート(約定拒否)が発生します。

リクオート(約定拒否)

Exnessのスタンダード口座ではリクオートは発生しませんが、プロ口座ではリクオートが発生します。

リクオートとは、「約定拒否」のことで、MT5なら以下の画像のような表示が出ます。

プロ口座とスタンダードの実質コスト

トレードの実質コストは、「スプレッドーキャッシュバックバック金額」で求めることができます。

スクロールできます
Exness(ドル円)スプレッドキャッシュバック実質コスト
スタンダード口座1.1pips0.44pips0.66pips
プロ口座0.7pips0.175pips0.525pips

スタンダード口座とプロ口座では、実質コストが「0.66pipsー0.525pips」で0.135pips分変わってきます。

0.135pipsというのは例えばドル円1ロットで135円、10ロットで1350円、100ロットで13500円変わってきます。

以上のことからスキャルピングであってもスイングトレードであってもプロ口座が基本的にオススメです。
特にハイレバスキャルピングトレードについてはプロ口座一択かと思います。

スタンダード口座の方が結果的に良い場合もある

ただし、一定の条件下においてはプロ口座よりスタンダード口座の方が良い場合があります。

指標トレードをする人
ゼロカット率が高めの人
(スイングトレードをする人)

指標トレードをする人

先ほども記載した通り、スタンダード口座は成り行き約定、プロ口座は即時約定です。

そのため、レート(価格)が大きく動く指標時では、プロ口座ではリクオートが多発し、新規エントリーや決済をすることができません。

指標前にエントリーしていて確実に決済したい場合は、スタンダード口座でエントリーすると良いかと思います。

プロ口座でエントリーしてリクオート発生で得することもあれば損することもあります。ただ、利益は無制限(青天井)ですが、損失は限定的(元本)なので、基本的に試行回数が大きくなれば大きくなるほど、損するリスクが増えます。そのため、個人的にスタンダード口座で確実に決済した方が良いと思います。

さらに、スタンダード口座のキャッシュバック率は40%と高く、指標時でゼロカした場合でもスプレッドが広がっている分通常よりも多くのキャッシュバックを得ることもできますし、プロ口座よりもお得です。

ゼロ口座、ロースプレット口座も成り行きでリクオートは発生しませんが、キャッシュバックがドル建ての固定なので、指標エントリーはスタンダード口座がオススメでう。

Exnessでは指標の15分前にレバレッジ200倍規制が入るので注意してください。国内の25倍と比較したらそれでも4倍以上のレバレッジを効かせることが可能なので十分かと思います。

ゼロカット率が高めの人

意図してゼロカットする人はいないと思いますが、チキン利確を繰り返したり、プラ転しないと損切りできないなどが理由でゼロカット率が高い人はスタンダード口座の方がお得な場合が多いです。(キャッシュバックが翌日に反映されるため)

ゼロカに限らずExnessは資金抜きトレードで残高を0円にすることができますが、プロ口座でもスタンダード口座でも建て値撤退するようなチャートになった場合は、結果論ですがスタンダード口座でポジションを取っていた方が良いです。

ただし、例えばドル円の場合スタンダード口座とプロ口座で0.4pips(1.1pips-0.7pips)差があるので、この0.4pipsでなく場合もあります。スタンダード口座ではなく、プロ口座でポジションを取っていたらゼロカットされていなかったというケースがあるということです。

スイングトレードをする人

基本的にスイングトレードも実質コストの低いプロ口座がおすすめですが、スタンダード口座の方がスプレッドが広いことから一度入ったら中々逃げづらい&入り直しづらいです。

そのことから、結果的に長く握りざる負えない=チキン利確しなくてすみ、リスクリワードがよくなる場合があります。

たまごちゃん

ポジポジ病やチキン利確病に上手く適合して結果的に利が伸びることもあります!

理論上、実質コスト的にもプロ口座の方がスイングトレードにおいても少ないですが、スイングトレードなら獲得pips数に対するスプレッドpips割合が非常に小さくなるため、スキャルピングと比較するとそこまで変わらないとは思います。

補足

仮想通貨取引はプロ口座でも成り行き

プロ口座でも仮想通貨取引は成行約定方式です。

そのため、リクオートは発生しません。

プロ口座も指値だったらリクオートは発生しない

プロ口座(即時約定)の指し値注文ではリクオートが発生しません。

リクオートは、即時約定の成行注文にのみ適用されます。 指値注文を発注する場合、リクエストした価格とは異なる価格で注文が約定されても、リクオートの形で通知は送信されないことにご注意ください

Exness公式
たまごちゃん

後半の「指し値注文を〜」の部分は、月曜窓あけや指標などでレートが飛んだ時に指値でも異なるレートで約定するということです。

まとめ

基本的にどんなトレードでも実質コストの低いプロ口座がオススメです。

ただし、指標トレードをする場合、最終的なゼロカ率が高めの人についてはスタンダード口座を活用した方が良い場合もあります。

たまごちゃん

あとはリクオートに嫌気がさして、スタンダード口座やゼロ口座を利用する人もいます!

スタンダード口座で取引するにしても、プロ口座で取引するにしてもキャッシュバックサービスは活用しましょう。

当サイトではExnessのキャッシュバック口座を提供しているので、是非ご利用下さい。(キャッシュバック率

また、記事の冒頭でも紹介した通り、たまごギフトキャンペーンを開催しています。詳細は下記記事をご確認ください。

あわせて読みたい
Exnessキャッシュバック額加算のお知らせ|+10%UP相当のたまごギフト付与! 日頃より、ExnessたまごちゃんIBのご利用をしてくださっているトレーダーの皆様、ありがとうございます。 現在従来のExnessのIB報酬100%還元に加え、平日のお取引のキャ...

\口座開設してキャッシュバックを受け取る/

公式HP:https://www.exness.com/

新規口座開設の場合と、既に口座を持っている場合によって手順が異なりますので、詳細は下記記事を参照して下さい。

新規口座開設の方

あわせて読みたい
Exness(エクスネス)の新規口座開設方法/手順を画像付きで解説【2023年11月最新版】 Exnessの新規口座開設方法を画像付きで分かりやすく解説していきます。 エクスネスのアカウント自体2つ目という方は、Gmailのエイリアス機能で作成したメアドを使うのを...

既に口座をお持ちの方

あわせて読みたい
ExnessのIB変更・乗り換え方法を画像付きで解説|キャッシュバックを受け取ろう 今回は、すでにExnessのアカウントを持っている方でIB変更を行いたい方向けの記事になります。 こちらの記事で紹介するIB変更方法を行えばキャッシュバックの受け取りが...
https://tamagofx.com/exness/1810/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Twitter等でシェアお待ちしてます!
  • URLをコピーしました!
目次